映画

まだ間に合う!8月2日(金)に公開された映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』今年最高のアクション映画!?過去作を見ていなくても楽しめる出来の良さ!

 ド迫力のカーアクションでシリーズ累計興収5000億円を突破した大人気『ワイルド・スピード』待望の最新作である『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』が8月2日(金)に公開された。今回の主役は過去作に登場し、二回顔を合わせているルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)とデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)の二人。この二人が最強コンビを組み最強の敵に挑むシンプルで分かりやい内容となっており、ド派手なアクション映画に仕上っているので最寄りの映画館で盛り上がろう!

あらすじ

 ロサンゼルスで娘と暮らす、ワイルドなスタイルで超重量級のクルマを操る追跡のプロ・元FBI特別捜査官ルーク・ホブスと、ロンドンで優雅な生活を送る、クールなスタイルで超高級なクルマを駆る規格外の元MI6エージェント・デッカード・ショウ。
 2人の元に、行方をくらませたMI6の女性エージェント・ハッティを保護して欲しいという政府の協力要請が入る。ハッティは全人類の半分を滅ぼす新型ウイルス兵器をテロ組織から奪還したが、組織を率いる、肉体改造を施された超人的な戦士・ブリクストンに急撃され、ウイルスと共に消息を絶った。
 しかも、彼女はショウの妹でもあるという。
 ホブスとショウは「こんな奴と誰が組むか!」と協力を拒否するが、ウイルスの回収を最優先するため、仕方なく手を組む事に…世界の命運はこの2人に託された!

出典元:公式HPより

水と油!?ソリの合わない最強コンビ

 本作の主人公は、5作目『MEGA MAX』で登場した外交保安部の捜査官ルーク・ホブス(演:ドウェイン・ジョンソン)と6作目『EURO MISSION』で登場した元特殊部隊の殺し屋デッカード・ショウの二人。7作目『SKY MISSION』では外交保安部に侵入したショウとホブスが対面し激しいバトルアクションを繰り広げた。8作目『ICE BREAK』では無実の罪で刑務所に送られたホブスと服役中のショウが出会い、行きがかり上仕方なくチームを組み脱獄を図った過去を持つ二人が遂に今作では最恐の敵を倒すためにチームを組む。

過去作を見てないと関係がわからない?

 ホブズとショウの登場した5作目『MEGA MAX』から8作目『ICE BREAK』を見ないと過去の経緯がわからずあまり楽しめないと思えてしまうかもしれないが、上記の流れだけ把握しておけば映画としてはアクションメインのため十分楽しめるように仕上がっている。むしろ、本作『スーパーコンボ』を見てワイルド・スピードシリーズを見るのも選択肢の一つになる、そんな作品だ。

最恐の敵 ”ブリクストン”

 闇の組織エティオンにより肉体改造を施され、人間離れした強靭な肉体と優れた知性を持つブリクストン・ロア。彼は自らを悪者だと言うが、自分の信じた正義を心から信じており、世界を破壊する人類を浄化するためことを目的としている。

ワイスピらしく乗り物を使ったアクション満載!

 ワイスピシリーズと言えばこの場面に何故車…と思えるほど様々なシーンで常識はずれのカーアクションを繰り出してきた。もちろん車以外にも飛行機やヘリコプター、氷河をぶち破る潜水艦など乗り物を使ったド派手なアクションも見どころだ。最新作ではワイスピらしい乗り物を使ったアクションは更に進化し、マクラーレンのような高級車を始め、軍用車両から戦闘ヘリ、バイクで大暴れ!

乗り物だけじゃない!?圧倒的肉弾アクション!!

 ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサムという2大アクションスターの起用という事もあり、持ち味を生かしたアクションが満載だ。そして、武器・格闘と言ったアクションに必要な要素が全て最高レベルの出来で見られる素晴らしい作品になっている。